メニュー

資料ダウンロード


お問い合わせ

ホームブログスタッフブログあさまくんの浅間見聞録「東京のオフィス、フリーアドレスになったってよ」

あさまくんの浅間見聞録「東京のオフィス、フリーアドレスになったってよ」

2021.03.25
スタッフブログ

皆さん、こんにちは! 浅間商事のあさまくんです。

あさまくん

ご無沙汰しておりました。ネタがないとぼやいていたら、年が明けておりました。

しかし、ネタが「降臨」いたしました。この3月より、東京・上野のオフィスが一部「フリーアドレス」になりましたー!

東京本店のオフィスとフリーアドレス化の経緯

東京本店について。東京本店は浅間商事の東京の営業・サービスチームの拠点で、上野の本社ビル内にあります。詳しくは、過去のレポートをゼヒ見てくださいね。

あさまくんの浅間見聞録「本社&東京本店に潜入」

フロアには、一人一つの固定デスクと電話。

フリーアドレス化前のオフィス
フリーアドレス化前のオフィス

プロジェクターの代わりに大型ディスプレイがあったり、インターネットは無線が基本だったり、OAフロアでレイアウト変更も比較的楽、といった特徴があったけど、普通のオフィス、といえば普通のオフィスだったんだよね。(今思えば。)

そんな東京本店のフロア、昨年からの新型感染症拡大の影響を受けました。もともと外出するメンバーが多くてガラガラだったのが、テレワークの推進でその「ガラガラぶりが加速」したのです。

加えて、増員による「席足りなくなるかも」問題や、オフィスの「感染症対策」という課題も浮上。

いよいよ浅間も「フリーアドレス!」となったのです……!

準備の模様

3月に入り、社長の太一さんから東京本店フロアのメンバーに「フリーアドレス化」についてのアナウンスが。

その目的は…

  • テレワーク対応:直行直帰、WEB会議、電話会議をやりやすく
  • 社員増員対応:スペース効率アップ
  • (コロナ)感染症対策:ディスタンス、パネル

どれもこれも、フリーアドレス化の目的として大事なものばかり。詳しい経緯については、社長の太一さんが経営者視点でブログにしてくれるそうなので、お楽しみに。

で、そんなわけで東京本店では早速引っ越し準備が始まりました。

引っ越しと言っても、レイアウト変更は週末で終わるもの。金曜日までに荷物をまとめて他のフロアに退避させ、月曜日に元に戻すだけでした。荷物の一時退避用に、会社が段ボールや紙袋を用意してくれました。

引っ越し用の紙袋
引っ越し用の紙袋

上野のビルは5年ほど前にリニューアルしたこともあり、個人の荷物はその時にだいぶ減らされたと思われます。加えて昨今のテレワークの浸透で、そもそも会社に荷物を置く習慣も減り、この荷物の整理はだいぶスムーズでした。

※工事が始まってみたらあれこれ出てきたものはありますが……。歴史ある会社にしては? だいぶスマートだったと思います。

工事の模様

さて。工事日の当日になりました。
ビルの前にはトラックがどーん。新しいデスクやキャビネットが積まれています。

工事の日の朝
工事の日の朝

フロアでは解体開始。

引き取ってもらう什器の解体
引き取ってもらう什器の解体

手慣れた業者さんが、次々と解体したデスクやキャビネットを運び出し、入れ替わりに新しい備品を運び入れています。

解体されたデスクの足とキャビネット…
解体されたデスクの足とキャビネット…
撤去する什器が無くなり、残す什器と線やら電話やらがフロアにもちゃもちゃと。
搬出が終わった後
搬出が終わった後

適度に残す什器や荷物を寄せた後、新しいデスクの組み立てが始まりました。

新しいデスクの組み立て
新しいデスクの組み立て

1日目はこのように、什器の搬出・搬入・組み立てで終わりました。

パーティション付きのデスク
パーティション付きのデスク
キャビネット代わりの個人用ロッカー
キャビネット代わりの個人用ロッカー

続いて2日目。電気や配線工事。OAフロアなので、床下の配線は、マットをぺろりと剥がすだけでOK。

めくるだけで床下配線できる。OAフロアの真骨頂!?
めくるだけで床下配線できる。OAフロアの真骨頂!?

電気再配線は業者さんにお願いしましたが、LANケーブル・電話の配線は社内のプロにおまかせ。仕事も背中も男前な浅間エンジニアが大活躍! カッコいい! しびれる! (休日出勤おつかれさまです……!)

浅間の配線プロ
浅間の配線プロ

2日目は昼下がりには作業が終わりました。

完成ー!!

そんなこんなで、東京本店はこんなフロアになりました……!

浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア
浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア
浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア
浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア
浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア
浅間商事フリーアドレス化した東京本店フロア

仕様はこんな感じ

  • パーティションがある席が壁に沿って11席
  • 8人座れる長机が1つ(飛沫対策用のアクリル板設置)
  • 4人座れるデスクが1つ
  • 事務の方用固定席1つ

足し算すると、最大24名が着席可能。

もともと外出するメンバーが多く、加えてテレワークは今後も継続されます。また、会議室やカフェスペースでも業務が可能なため、多くても1/3程度しか埋まらない、余裕のあるスペースです。

また、座席の多くが壁に寄せられたことで、座席数を減らすことなくフロアが広く感じられるように。実際皆さん、オフィスに入った途端、あ、なんか広いとか、開放感がある……といった感想があったみたい。

個人用ロッカーも24個設置。
社員証で施錠できるロッカーで、鍵の管理から解放された……!

社員証で施錠できるロッカー
社員証で施錠できるロッカー
初日にわらわらとカード登録設定を行う社員
初日にわらわらとカード登録設定を行う社員

フリーアドレス。その効果は!?

さてさて、太一さんが挙げていたフリーアドレス化の目的、アゲイン。

  • テレワーク対応:直行直帰、WEB会議、電話会議をやりやすく
  • 社員増員対応:スペース効率アップ
  • (コロナ)感染症対策:ディスタンス、パネル

「テレワーク対応」、というのは、業務のベースがオフィスだけでなくなることを意味しているのかなぁと。

個人デスクが無くなった今、このフロアもみんなにとって「止まり木」のような場所になったのだとあさまくんは理解しています。

あと、以前のフロアはオープンすぎて、WEB会議がしにくかった……。隣の人が出勤しているとうるさくないかな、って心配だったし。それが今回、壁沿いのパーティション付きデスクができたことで、WEB会議もしやすくなりそう。

さらに、フリーアドレスは業務で使ったものを毎回片付ける必要があります。クリーンデスクはもちろん、ペーパーレス、無駄な備品の削減がますます進みそう。それもテレワークに対応した働き方だと思います。

「社員増員対応」は言わずもがな。席が埋まることがないワークスタイルなので、席より人が増えても問題なし!(ロッカーは増やすかもしれないけど…!)

そして最後は「感染症対策」

ゆとりのあるスペースで密回避はオッケー。席が固定ではないことで、自由に間をあけて座ることもできます。

長机にもアクリル板を設置し、飛沫対策をしながら顔を合わせて仕事をすることもできます。このアクリル板は置いてあるだけなので、動かすのも簡単。いずれ不要になったら、仕切りなしで使うこともでき、場所を広々と使えます。

人がいないので、早速パーティションをずらし、横に荷物を置いて広々仕事をしている社員もいました。(フリーアドレスの正しい活用方法!)

空いているスペースも使って広々仕事
空いているスペースも使って広々仕事

最後に

浅間商事・東京本店のフリーアドレス化レポート、いかがでしたでしょうか?

準備から完了までのプロセスはスムーズだったし、仕上がりもいいオフィスになったなと思います。

……ただ、なんか、いいことづくめに見えるけど、ほんと?(笑)

きっと、長く使っているうちに、課題も出てくると思います。でも、トライ・アンド・エラーが浅間のいいところ。少なくとも、「今のぼくたちの働き方」に合った、「今ベストのオフィス」ができたように思います~!

あさまくん

やったね、A・S・A・M・A!
あさまくんでした!


メルマガ登録のご案内
あさマガジン
浅間商事では毎月1~2回、最新のIT関連情報、セキュリティ情報をメールでお届けしています。また、社長ブログでは、中小企業の経営・マネジメントに関するお話もしております。ぜひご登録ください。

おすすめの記事

そうだ
浅間に相談しよう!

オフィス構築・ITソリューションのことは
何でも浅間商事におまかせください
お電話の際は「Webサイトを見た」とお伝えください。受付時間外は、フォームをご利用ください。

TOP