メニュー

資料ダウンロード


お問い合わせ

ホームブログコラム添付ファイルに自分の名前が入ったメールにご注意を!(セキュリティーニュースレター号外)

添付ファイルに自分の名前が入ったメールにご注意を!(セキュリティーニュースレター号外)

2018.02.23
コラム

本日は去年から出回っているウイルスメールについてご紹介します。添付ファイルや本文中のリンクのクリックにより、ウイルス感染の危険性があります。

※実際に浅間商事のお客様の中でも同様のメールが検知されました

PDFダウンロードはこちらから

セキュリティーニュースレター号外

添付ファイルに自分の名前が入っていたら注意!

例えば自分のメールアドレスが「tanaka@xxx.co.jp」だとすると、「tanaka.xls」という添付ファイルがついているメールが送信されているようです。

自分の名前が入っていたら業務に関係のあるものだと思って、つい確認のために開いてしまいそうですよね。

しかし、このファイルを開いたり、本文中のリンクをクリックしたりすると、インターネットバンキングマルウェアに感染し、金融機関の関連情報が窃取されてしまいます。

つまり、インターネットバンキングの不正送金などの犯罪被害に遭う恐れがあるのです。

このようなウイルスメールは昨年から確認されていて、今年に入ってからも多数配信されています。

不審なメールには十分ご注意ください。社内でも周知していただき、感染のリスクを減らしましょう。

もしメールが届いてしまった、ファイルを開いてしまったということがあればご相談ください。

浅間商事のお客様にも同様のメールが届いています。UTM(統合脅威管理)を導入しているお客様については、UTMメールを検知し削除しています。

もはやプロでも見分けをつけるのが難しくなっているので、機械に守ってもらうのが時流ですね。

参考:日本サイバー犯罪対策センター

1週間で無料セキュリティ診断!

中小企業のセキュリティ対策ならUTM。ランサムウエアや不正送金など、サイバー攻撃被害のリスクを大幅に低減することができます。

当社営業エリア内(東京・埼玉・栃木一部エリア)のお客さまに限り、評価機を無料で貸出するサービスを行っております。まずはお試ししたいお客さまもお気軽にお問い合わせください。


おすすめの記事

そうだ
浅間に相談しよう!

オフィス構築・ITソリューションのことは
何でも浅間商事におまかせください
お電話の際は「Webサイトを見た」とお伝えください。受付時間外は、フォームをご利用ください。

TOP