メニュー

資料ダウンロード


お問い合わせ

ホームブログスタッフブログ【応募者必見】代表インタビュー後編・会社と社員は「対等なパートナー」。協力して良い会社をつくりたい

【応募者必見】代表インタビュー後編・会社と社員は「対等なパートナー」。協力して良い会社をつくりたい

2022.03.17
スタッフブログ
【応募者必見】代表インタビュー後編・会社と社員は「対等なパートナー」。協力して良い会社をつくりたい

こんにちは!広報スタッフの水野です。

浅間商事では現在、浅間商事では現在、ITアドバイザー(=Microsoft365などのクラウドサービスのセールスエンジニア/東京本店)、サービスアドバイザー(埼玉本店)を募集しています。

応募を検討されている皆さんに、浅間商事のビジョンやその実現のための取組みをもっと知ってほしい!そこで、今回は当社代表・柳沢へのインタビューの後編をお届けします。

前編はこちら!【応募者必見】代表インタビュー前編・浅間商事が目指す「より良い会社」とは?

お客さまへよりよい価値を提供するために、メンバーに必要なことは?

――前編では「より良い会社」の条件などをお話しいただきました。後編ではまず、浅間ではたらく社員に実践してほしいことを教えてください。

柳沢:まずは「デジタル化の実践」ですね。与えられたシステムやソフトを「ただ使うだけ」ではなく、使いこなして自らカスタマイズし、お客さまへのより良い提案につなげてほしいと思います。

次に、「学習」。これは前編でお話しした通り「社員が能動的に学ぶこと」が大切です。

現段階では、業務上で必要不可欠な「ネットワーク」、お客さまからのニーズが急激に高まっている「セキュリティ対策」「クラウド」についての知識を特に深めてほしいと考えています。

そして3つめは、「チームワークの徹底とバリューの実践」です。情報やノウハウはひとりで抱えず、メンバー同士の共有をより多くスピーディに実施することが、メンバー全員の知識や技術の底上げにつながります。

そして、浅間商事の6つのバリューを意識して、実践しながら過ごしてほしいと思います。

代表から見た「中小企業・浅間商事」の良さとは?

――「中小企業のはたらき方を効率的で安心なものとする」ことをミッションとする浅間商事も中小企業です。太一さんから見た「ならでは」の良さを教えてください。

柳沢:たくさんありますが、大企業のように細かく分業していないので、幅広いスキルが身につくこと。経営陣やマネジャー陣との距離が近く、メンバー一人ひとりの意見が会社の施策や新たなサービスに反映されやすいことは、まさにならではだと思います。

実際、社員の声から生まれたサービスもありますよ。今では主力サービスのひとつです。

――社員からも、風通しの良さや経営陣との距離の近さを魅力に感じるという声が多くあがっていますよね。

柳沢:だからこそ、社内の変革にスピード感を持てるのだと自負しています。私は、会社と社員の関係は「対等なパートナー」だと考えているので、協力して会社を良くしていきたい。

会社と社員、お客さまとがwin-win-winの関係であることを目指しています。

応募者の皆さまへのメッセージ

――それでは、最後に応募者の皆さまへのメッセージをお願いします!

柳沢: 浅間商事には、働きやすさとやりがいを両立した働きがいのある職場環境、そしてお客さま想いの社員がそろっています。

長きにわたりお客さまに伴走し「次の10年を共に創る」努力、最新のIT知識や技術を常に学び続ける地道な努力が必要ですが、その分自身の成長を実感し、やりがいを感じる機会も多いはずです。

お客さまはもちろん、自社のはたらき方を変革していくことに興味のある方、ITが好きな方、ITの可能性を信じている方、大歓迎です。

一緒に中小企業のはたらき方を効率的で安心なものとし、世界が憧れる日本を創りましょう!

 

浅間商事では現在、ITアドバイザー(=Microsoft365などのクラウドサービスのセールスエンジニア/東京本店)、サービスアドバイザー(埼玉本店)を募集中です。

私たちと一緒に、お客さまの「一歩先の未来」のために取り組みませんか?ご応募お待ちしております!

採用情報

私たちのビジョンに共感し、一緒に浅間商事を盛り上げてくれる仲間を募集しています。ITアドバイザーが未来をご提案し、サービスアドバイザーがよりそうサポートをご提供。お客様のはたらき方を効率的で安心なものとするため、挑戦し成長し続ける仲間を募集します。


そうだ
浅間に相談しよう!

オフィス構築・ITソリューションのことは
何でも浅間商事におまかせください
お電話の際は「Webサイトを見た」とお伝えください。受付時間外は、フォームをご利用ください。

TOP