メニュー
お申込みはこちら

お申込みはこちら

本セミナーのお申し込みは締め切りました。

2023年10月より導入される「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」。仕入税額控除を行うための要件として、インボイスの保存が必要になります。今年1月に施行された「電子帳簿保存法」の改正は、保存手続き・要件が大幅に緩和された一方で、電子取引に係るデータ保存の要件が厳しくなりました。

今、中小企業が理解しておきたいこれらのテーマについて、わかりやすく解説いたします。

開催概要

「今、理解しておきたいインボイス制度・電帳法・IT導入補助金2022」

日時と内容

  • 日時:2022年7月28日(木)(7月25日(月)締切)
  • 時間:10:30~11:30

次のテーマについて解説いたします。

  • インボイス制度の概要、関連用語の解説
  • 電子帳簿保存法改正の概要

お問い合わせが多い「IT導入補助金」についても解説・ご案内いたします。「IT導入補助金」は、中小企業等の自社の課題やニーズに合ったITツール導入を支援する補助金です。

その他

  • 対象:経営者・システム担当者・総務経理担当のお客さま※
  • 参加費:無料
  • 会場:オンライン開催 Teams会議で実施いたします
  • 講師:
    • 相原 正彦 氏(ピー・シー・エー株式会社 首都圏営業部 東京支店 営業3課)
    • 新粥 文哉 氏(ピー・シー・エー株式会社 事業戦略部 ビジネスチャネルグループ)
  • 進行:柳沢 太一(浅間商事株式会社 代表取締役社長)
  • 内容:

(※大変恐れ入りますが、主な対象は東京都、埼玉県、栃木県、各都県一部エリアのお客さまとさせていただいております。当社対応エリア外からのお申込みは、お断りさせいたいただく場合がございます。)

お申込みフォーム

すべて必須項目

住所:都道府県
会社・組織名
役職名
お名前(漢字)
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)

当サイトは、Let’s Encrypt[SHA-2]のSSLサーバ証明書を使用して、あなたの個人情報を保護しています。入力された情報は全てSSLで暗号化されてから送受信されています。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

浅間商事について

浅間商事は中小企業専門のITアドバイザーです

中小企業の皆さまがITを活用しようと考えたとき、専任のIT担当者がいないケースが多くあります。
浅間商事はIT商社として、お客様の情報システム部員となり、時流にあった情報提供をし、お客さまごとにあった価格でご提案とサポートをしています。
1962年の創業から10,000社以上のお客様とお取引させていただき、毎年約3,000事業所とお取引をさせていただいています。
豊富な実績と自社および他社様での活用事例をお客様にお届けするとともに、自社企画商品(あさまパックシリーズ)の開発に活かしています。
主な実績
ITサポート:
PC 2,000台、500事業所、継続率90%(2020年8月時点)

UTM(セキュリティ対策商品)導入実績:
2012年 キヤノン レンタルファイアウォール「HOME」販売全国1位
2015年 船井総研OA研究会内UTM販売全国1位
2020年 ウォッチガード社認定パートナー資格獲得

クラウドサービス:
2017年 マイクロソフトCSP(クラウドソリューションプロバイダー)資格取得
2019年 マイクロソフト社のパートナー認定資格「Small and Midmarket Cloud Solutionsゴールドコンピテンシー」を取得
2020年 Microsoft 365導入支援社数200社

その他:
2010年より ソフトバンク プラチナパートナー獲得
2013年 ESET社 認定パートナー資格獲得取得
2016年より バッファローVAR Premiumパートナー獲得

会社概要

名称 浅間商事株式会社
本社所在地 〒110-0005 東京都台東区上野7-15-70 浅間第一ビル
【アクセス】
JR「上野駅」入谷口より徒歩7分、日比谷線「入谷駅」1番または2番出口より徒歩5分
TEL 03-3843-4918(代)
事業内容 ・ITサポートサービス(情報システム部代行)
・IT/OA機器の販売およびサポート
・ネットワーク構築と運用サポート
・セキュリティ対策アドバイス
・オフィスの新設、移転、改装支援
設立 1962年6月
資本金 5000万円
代表 代表取締役社長 柳沢 太一
従業員数 57名(2019年9月期)
財務指標 売上高 12億9,000万円(2019年9月期)
主要取引先 東京都、埼玉県、栃木県内の官公庁・民間企業 (約3,000社)
加盟団体 -

 


TOP